トラウトタックルのご紹介

まずは僕のメインターゲットのトラウトタックルをご紹介しようと思います。
ヴァルケイン-ダーインスレイヴ.jpg


メインロッド
ヴァルケイン ダーインスレイヴ61L
オールラウンドを重視したオリジナルテーパー!!
スプーニング・ミノーイング・ボトム・あらゆる状況に対応できるミディアムポジションロッド。
とオフィシャルサイトで謳っている通り様々なルアーや釣法に対応してます。
ルアーウェイトも幅広く対応しており僕は0.5g~4gまで投げてます。
釣行時間が限られてる時などこれ一本で勝負することが多いです。
掛けていくのも良し乗せていくのも良し!ヴァルケイン代表 菊地氏のこだわりが感じられる一本です。
主にフロロ1.5lb+14ステラの組み合わせでございます。




クランクロッド
ヴァルケイン ダーインスレイヴ アナザーサイドモデル A.Akimoto 6’1UL リミテッド
こちらは61Lをベースにティップに柔軟性を持たせたタイプ。
トラウトはルアーとコンタクトした際、当たりを弾いてしまいうまくフッキングしないことが多いのですが、このロッドは魚に追従してオートマチックにフッキングしてくれます。
またリミテッドバージョンはチタンガイド+トルザイトリング搭載なので自重が軽く振り抜けがとても良好。
ピンクのスレッドで女性にもピッタリ♪
ヴァルケインオフィシャルテスターの秋本さんのモデルです。
ナイロン2.5lborフロロ2lb+14ステラと組み合せることが多いです。



放流·ミノー
ヴァルケイン ダーインスレイヴ60GL
GLという表記は他魚種のロッドを含め恐らくこの機種だけではないでしょうか。
グランド(G)ライト(L)ということらしいです。
数あるトラウトロッドの中でもトップレベルの硬さ。ガチガチのロッドって弾きやすい、そう思ってた時期もありました。
が、このロッド。魚がかかると意外にもティップが素直に入りベリーで魚を抑えてフッキングしてくれるというスグレモノ!
放流直後のフレッシュでパワフルなお魚さんをパワーでねじ伏せてくれます。その硬さゆえミノーイングやボトムの釣りにもオススメ。
フロロ2.5lb+ルビアスで組んでます。



ボトム
ヴァルケイン ダーインスレイヴ アナザーサイドモデル T.ARAKAWA 6,4IS
こちらも?な表記。インパクト(I)ソリッド(S)だそうです。
その名の通りソリッドティップを搭載。60GLに負けず劣らず硬いのですがソリッドティップのおかげで喰い込み抜群。
KHチタンガイド+トルザイトリングの組み合わせで長さを感じさせない軽量な仕上りです。レングス、硬さが相まり飛距離もバツグン!
またトン数が高いので非常に感度が良好。ボトムの釣りに◎!高滝湖等のオープンレイクの虫パターンにも使ってます。
ヴァルケインオフィシャルテスター荒川さんのモデルです。
PE+ヴァンキッシュと組み合わせております。


追記
2月7日にしらこばと水上公園で行われたヴァルケイン×越谷トラウトアイランドのイベントで2月発売のダーインスレイヴ64IS-Lを試投してきました。
ご参考になるか分かりませんがインプレをアップしましたのでコチラもご参照ください。
一年ぶりのしらこばと水上公園










今回ご紹介したダーインスレイヴシリーズですが、これからエリアフィッシングを始めたい方にはちとお高い…
そんな方に朗報!
ダーインスレイヴシリーズのコンセプトを継承した廉価版ロッドブレイクスルーシリーズが登場しました。ステンレスガイドですがトルザイトリング搭載。お値段はダーインスレイヴシリーズの半額。これはお得ですね。菊地氏によると利益はほぼないとのこと(⊙⊙)エリアフィッシングの裾野を広げたいという意気込みが伝わってきます。






以上、僕が管理釣り場に行く際主に使用してるタックルでした(*^o^*)


この記事へのコメント